ダイエットと仕事を同時に行う

痩せたいと願う人にとって、仕事を通してダイエットをすることができれば、それがベストだと考えるのはもっともなことです。

看護師の場合は、病院・クリニック・介護施設・訪問介護など、様々な職場の選択肢があります。その中でも、介護施設での勤務は「高齢者の介護で体力仕事が多くなるから痩せるはず」と考えられがちです。しかし現実は、体力はついてもなかなか痩せないという意見が多くあります。
身体を動かす業務は確かにありますが、継続的に行うわけではないので消費カロリーはそれほど多くないことが原因です。加えて、忙しい時間と暇な時間があるのも原因の1つ。暇になるとついつい空腹に耐えられなくなってしまい、お菓子をつまんでしまってダイエットに失敗する要因となってしまうことがあります。

そのため、よりダイエットに適しているのは忙しい大病院勤務だと考える人が居ます。大病院の中には、朝が早くて朝食を食べ損ねたり、忙しさのあまり昼食を忘れたり、疲れ果てて夕食を食べずに寝てしまったりする人が居るほど、過酷な現場も確かにあります。そういった環境に身をおくことで、忙しさのあまり空腹に意識が集中することは無いかもしれません。しかも、院内が広いので、あっちに行ったりこっちに行ったりして身体を動かし、消費カロリーが増えて痩せる可能性は高くなります。

しかし、そういった痩せ方はあまり健康的とは言えませんし、ストレスが溜まって身体を壊す原因になる可能性もあります。患者さんの見本になれるように、できればバランス良く食事を取った上で身体を動かし、健康的なダイエットを目指すのが良いでしょう。